キレイモ  おすすめ自己処理方法   

おすすめ自己処理方法   

@ 広範囲を手早く処理したい場合

 

よく行われている方法が、「入浴時に体を洗ったついでに、その泡を使ってカミソリで剃る」というものです。しかしこの方法は絶対にやってほしくありません。間違いなく肌の美しさを失っていくからです。

 

 

オススメなのは電気シェーバーです。肌にダメージが少なく、下準備なしでいつでもスグにムダ毛を処理できますし、広範囲でもスピーディーにできます。

 

 

ただし深剃りはできませんので仕上がりのキレイさではカミソリにはかないませんし、伸びてくるのも早いのでその分こまめに処理する必要があります。また、あまり伸びすぎますと、電気シェバーでは処理できない場合があります。

 

A 産毛や、細かい個所を処理したい場合

 

顔の産毛は電気シェーバーではうまく剃れませんし、指の毛などはT字カミソリでは剃りにくいですよね。
ムダ毛用トリマームダ毛用のトリマーは、I字カミソリのような形をした、電動の機械です。 

 

 

I字カミソリのような使い方をしますが、刃が肌に直接当たらないので安全に処理ができますからおすすめです。

 

 

ムダ毛処理用のトリマーは、産毛や細い毛の処理に向いており、太い毛には電気シェーバーの方が向いています。

 

 

肌の表面をサッサッとなでるだけでムダ毛がカットされて無くなりますので手軽で便利ですが、深剃りはできません。しかし細めの毛ならこれで十分目立たなくなります。

 

 

B お金を掛けずに処理したい場合

 

お金の掛からない方法といえばやはり、カミソリと毛抜きです。でもこれらの方法は長年続けると肌や毛穴を傷めてしまうことになります。なるべくダメージを少なくしようとするとシェービングクリームや保湿ローションに、結局はお金がかかってしまいます。

 

 

お金の掛からない方法といえばやはり、カミソリと毛抜きです。でもこれらの方法は長年続けると肌や毛穴を傷めてしまうことになります。なるべくダメージを少なくしようとするとシェービングクリームや保湿ローションに、結局はお金がかかってしまいます。

 

C とにかく「毛」をキレイに処理したい場合

 

旅行や初デートの時など、ここぞ!というときは、ムダ毛のお手入れはいつもより入念にしておきたいものですよね。

 

 

とにかく「毛」をキレイにしたいのであれば、抜いてしまうのが一番です。しかしそうすると今度は、「毛穴」が汚くなってしまいます。ピンセットやワックスなどで毛を抜く処理は、「やって欲しくない処理方法」です。

 

 

除毛剤は毛を溶かす薬剤です。根元から毛を抜けさせるわけではありませんが、肌の表面よりもやや下まで毛を溶かすことができます。

 

 

しかも毛の断面が平らではなく、やや丸みを帯びますので、「毛の断面のせいで濃く見える」ということを和らげることができます。

 

 

ただし、毛を溶かす薬剤は皮膚にもダメージを与えます。「毛」はキレイになったけど、「肌」は荒れてしまったということにならないように、パッチテストはちゃんと行いましょう。ぶっつけ本番で使用すると、せっかくのお出かけなのに肌を出せないということになりかねません。

 

 

関連ページ

自己処理による脱毛について考えてみました
キレイモの料金は業界の最安値です。キレイモは、将来的にこの料金設定で続けていけるのかは分かりませんが、現状では多くの脱毛サロン利用者の不満を解消した今、口コミで評判のサロンになっています。とくに冷たいジェルでの施術で寒い思いをした人は私だけではないはずです。
家庭用脱毛器による脱毛方法にはどんなものがあるでしょう
キレイモの料金は業界の最安値です。キレイモは、将来的にこの料金設定で続けていけるのかは分かりませんが、現状では多くの脱毛サロン利用者の不満を解消した今、口コミで評判のサロンになっています。とくに冷たいジェルでの施術で寒い思いをした人は私だけではないはずです。
除毛クリームでムダ毛を簡単に処理
キレイモの料金は業界の最安値です。キレイモは、将来的にこの料金設定で続けていけるのかは分かりませんが、現状では多くの脱毛サロン利用者の不満を解消した今、口コミで評判のサロンになっています。とくに冷たいジェルでの施術で寒い思いをした人は私だけではないはずです。
魔法の石鹸でエステ並みのツルツル肌なるってホント?
キレイモの料金は業界の最安値です。キレイモは、将来的にこの料金設定で続けていけるのかは分かりませんが、現状では多くの脱毛サロン利用者の不満を解消した今、口コミで評判のサロンになっています。とくに冷たいジェルでの施術で寒い思いをした人は私だけではないはずです。