今日を境にバストアップ体操をするかしないかで、3年後、5年後、10年後のバストが全然違ってきますよ。毎日継続してバストアップのための体操を行ってまいりましょう。バストアップ体操の目的は綺麗なバストラインを保つ、ということです。そのためには、体操したりしなかったりというのではなく、毎日の継続が大切になってくるのですが、一生懸命に頑張ろうと思うと、なかなか続きませんから、気軽に楽しく体操を行なうのが一番よいかと思います。腕立て伏せなど、胸郭を開くような体操がバストアップには適していますが、急にそんな運動は無理、と言うことであれば、タオルを持ってゆっくりと息を吐いていく体操だけでも継続することによって十分効果を得ることが出来ます。また、タオルを持って前で腕をクロスさせて力を入れるだけでも効果が出てきます。決して構えず、体操を楽しんでバストアップを目指していくとよいでしょう。 バストアップの悩みを解決する最終手段が、豊胸手術だと言われています。バストアップの手術は、バストを大きくキレイにする手術です。バストアップの手術には、シリコンを体内に入れるプロテーゼ法をはじめ、余分な脂肪をバストに注入する脂肪注入法、ヒアルロン酸を注入して形や大きさを整えるヒアルロン酸注入法などがあります。一般的に、プロテーゼ法にて、バストアップ手術を行うことが多いです。プロテーゼ法では、バストの大きさを自由に調節しやすいことから、人気を集めています。ただ、プロテーゼ法で使用するシリコン製のバックは生理食塩水で、10年程で寿命が切れてしまうため、大きなバストを保つためには再手術が必要なのがデメリットと言えるでしょう。豊胸手術と聞くと、怖いとか不安とか大変だとか、マイナスのイメージを持ちがちかもしれません。でも、最近では、日帰りOKで手軽に受けられるプチ豊胸手術が、若い女性を中心に人気です。プチ豊胸手術と呼ばれているバストアップ手術は、バストに特別な光を当てて脂肪細胞を活性化させる方法やヒアルロン酸を注入する方法が多いです。メスを使わないため、自分の体を傷つけることなく行える施術であり、料金設定も低くなっているので、多くの雑誌やTV番組でも紹介されています。バストアップの手術は、ほぼ確実にバストアップできますが、信頼できるクリニックを選ぶことが何よりも重要です。後遺症についてもよく調べて、慎重に判断することをおすすめします。

 

 Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です