時々聞く話ですが、妊娠してから体質が変わって便秘しやすくなったという方が決して珍しくありません。この便秘を防ぐためにも、正常な腸内環境でないとどんなに栄養素を摂取してもうまく吸収されないことになります。葉酸などの栄養素も、腸内細菌の働きによって体内に吸収されるので、葉酸を中心とした栄養素の効果を期待するのなら、腸内環境をきちんと整えることを考えた方がいいでしょう。妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしている方が意外に多いようです。
知っておくと役に立つのは、食材の中で、葉酸をたくさん摂れるのは何なのかでしょう。その名前からしても、葉酸は野菜の中でも葉物に多いとされます。意外なところでは、マンゴーからも多くの葉酸が摂れます。たまたま夏に妊娠が判明し、マンゴーが安かったのでお医者さんのすすめもあって、よく食べていました。マンゴーは食物繊維もたくさん含んでいるので、便秘にも効果があるそうです。次は女の子が欲しいと決心してから、いろいろな本やサイトで、男女の産み分けを徹底的にチェックしたのです。例えば、野菜はアルカリ性なので女の子、肉を食べると血液が酸性になって男の子が生まれるなど決定的な方法はないみたいですががんばってできることを全て実践しました。
そうしているうちに赤ちゃんが来て、つわりがひどいときもありましたが、葉酸サプリをきちんと飲んでいたためか待ちに待った女の子の誕生を迎えることができました。
私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、その手の本やサイトを調べたところ、葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると子供が健康に育ち、母体の健康を保つのにも良いとあちこちに書かれていたので、妊娠したときあわてないように、毎日サプリメントを飲みました。これはいつまで飲んだら良いのか気になって確かめてみましたが、一度にたくさん摂らなければどの本にも赤ちゃんと母体のために出産まで摂って欲しいと書いてあったため、葉酸サプリメントは無事に出産できるまで飲み続けます。ありがたいことに、最近はかなり一般的になりましたが、妊娠中の女性だけでなく、授乳中のお母さんにも葉酸はとても重要です。生後間もない赤ちゃんは、言うまでもなく盛んに細胞分裂を進めながら外界に適応するべく成長するのです。
そこでは葉酸が大量に使われます。一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、母子双方にたくさんの葉酸が必要となってくるため、赤ちゃんが欲しいと思ったときから、赤ちゃんが母乳を飲み終わるまでぜひ葉酸を摂り続けて欲しいと思います。葉酸サプリは妊娠初期からずっと飲んでいたのですが、問題なく妊娠中期に入った直後にカルシウムも摂取しなければと思って今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。妊娠がきっかけだったのか、牛乳が合わない体質になっていたようで却って体調が悪くなってしまったのです。妊娠後期に入ってからは、産院で貧血と言われ鉄剤のお世話になりましたが、だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合されたサプリメントを飲めば、苦労しないで済んだのではないでしょうか。

 

 Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です